推定50億円のマリー・アントワネットとは

Posted: 9月 2013 in 未分類
17

高価な時計を持っていない私にとってはよく分からないのですが、腕時計が数億円もするなんて小市民にとっては、とてもじゃないですが考えられません。

フランク・ミュラーが約2億円とか、カルティエが約2億2000万円。
パテックフィリップが約3億2500万円、同じくパテックフィリップの1943年製カレンダークロノグラフREF『1518』が、約5憶2200万円とか、とてもイメージがつかめません。

つかめませんが、すごいですね。
パテックフィリップのユーザーには、ウォルト・ディズニー、ヴィクトリア女王など著名な人ばかりだそうです。

パテックフィリップのバーゼルワールド2013新作をみると、安くても2,467,500円、高額なものは15,193,500円もします。

「・・・もします。」と言ってしまうのは、やはり小市民の悲しさでしょうか。
「あの有名なパテックフィリップの新作が、5,000,000円程度で買えるんですよ」と言ってみたいもんです。

破格な価格がついているのは、【ブレゲ】のマリー・アントワネットで推定価格は約50億だそうです。
ブレゲー(1747-1823)は、スイス出身のパリの時計師で、天才時計師ブレゲといわれていました。
そのブレゲのもとにマリー・アントワネットから、依頼され44年の歳月をかけて製作したといわれています。

これはもう、腕時計ではなく世界の骨董品というか、芸術品なのでしょうね。

一方、庶民の我が家にも古いロレックスが眠っていたことがあったんです。
その時はロレックス買取を得意とするお店に持っていって臨時収入をゲットすることができました。
http://rx.kaitoriman.jp/

ロレックス買取は→>こちらのサイトがよさそうですよ。

RSS Feed
By: admin

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment